2018年うさみ的化粧品ランキング
日常

【猛暑対策】日傘を使うべき理由。日焼けを防いで美白を目指す

みなさん、日傘、使っていますか?

今年は猛暑だったこともあり、街では多くの日傘を差す人を見かけました。

でもその多くは女性。男性で日傘を差す方は見かけませんでした。

日傘を使っていない人に声を大にして言いたい…

もったいない!!

例えば日差しのきついある晴れた日の昼間。

5分ほど外に出よう、という時、あなたは日陰を通りませんか?

それが、直射日光に当たらない、快適さなのです。

日傘を持つだけで!あなたが行く先に日陰を連れて行けるのです。

今日は日傘の素晴らしさをお伝えします。

日傘を差すメリット

紫外線を防ぐ

日傘の説明欄によく見ると「UV○○%」等、書いてあります。

これが紫外線のカット率を表す数値。

焼けないためにはもちろん、将来シミになるのを防ぐためにも、極力紫外線は避けるべきです。

日焼け止めを塗るのもいいですが、汗で流れてしまい、塗りなおさなければ1日はもちませんし、

私は毎日10分の通勤のために塗るのが面倒なので、日傘で対策しています。

日陰を作れる

冒頭でもお伝えしたように私が感じた一番のメリットはこれです。

屋外を歩くとき無意識に日陰に入ってしまう方ならば、直射日光に当たらない涼しさ、知っていますよね?

日傘も小さいからと侮ってはいけません!

あなたが行きたいところ日陰を連れて行けるのです。

体感温度は段違いです♪

日傘のデメリット

でも実は私も1年前まで日傘、苦手だったんです…

片手が塞がれる

日傘を差すとどうしても片手が塞がってしまいます。

普段から荷物が多い人、小さいお子さんを連れていて手を繋いでおかないといけない人には少し大変ですね。

置き忘れやすい

日傘デビューしたばかりの人は一度室内に入り傘を置くとそのまま忘れてしまう可能性が高いように思います。

雨傘の場合は外に出た瞬間雨が降っていた、地面が濡れていた、等思い出しやすいのですが。

日傘って小さいですし。

ビニール傘のように使い捨てられるほど安いものでもないので、置き忘れないよう注意してください!

わたしもデビュー1年目です

私は多少の小雨くらいなら傘を差さないくらい傘が嫌いでした。

手が塞がるのが嫌で!

そんな私が平成最後の夏の猛暑のせいで、騙されたつもりで手を出してみたら、まんまとはまりました。

熱中症対策としても、おすすめ。

男性も恥ずかしがらずに使ってほしい。

それくらい日傘信者になってしまいました。笑

興味が沸いてきましたか?

どうでしょう、今まで日傘を使ってこなかった人もここまで読んでくださったなら少し興味が沸いてきたのではないでしょうか?

終わりに

晴雨兼用傘から試すべし!

せっかく買っても使うかな…?

夏しか使えないのはもったいない!

そう思ったあなたには、晴雨兼用タイプの傘をオススメします!

専用の日傘に比べると多少紫外線カット率が悪いなど劣る…はあります。

しかし!雨傘としても使えるならどうせ使うものですし、日傘がどういったものか試すにはぴったりです♪

デザインもかわいいものが豊富だし。

まだまだ暑さは続きます。

暑さ対策としてぜひ、日傘の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

以上、宇佐美でした。







 

 

ABOUT ME
宇佐美
宇佐美
20代 金なし 彼氏なし 田舎暮らし女子。極度の人見知りです。慣れたらめっちゃ懐きます。